© MKC,LLC

​Free Contents

対象:同僚・パートナーとの人間関係、仕事上のミスなど、なぜかいつも同じ問題にぶつかる方

 

人間は独自の信念を持ちます。信念とは「事実+個人の解釈」です。

 

この「個人の解釈」を広く解釈しすぎると、結果的にネガティブで良くない行動をしてしまうことがあります。

 

例えば、「恋人からを別れましょう」と言われた場合。

事実:恋人から別れようと言われた

信念:恋人から別れようと言われたのは、自分はひどい人間で一緒にいる価値がなく、誰と一緒にいても上手くいかない

 

脳は「事実」と「信念」の区別がつかないのです。

何度も同じ間違いを繰り返す時、人生が上手くいかない時、無意識の中にある「信念」が関わっていることが多いです。

​許しの宣言とは、無意識にある信念を明言化し、何度も繰り返し宣言することで、自分を許す作業です。

 

ネガティブな行動を起こす信念は、主に3つのカテゴリーに分類できます。
 

  • 支配の信念

  • 欠乏の信念

  • 拒絶の信念

 

これらの信念は、意識的には理解せず、「なぜかいつもこういうことが起こる」と捉えています。

そのため、自分がこの3つの内、どの信念を持っているかを調べる際は、「感情」を参考にします。

​次の中から頻繁に感じる感情をクリックしてください。

(これらの信念・感情を持っていない人もいます。その場合は今回対象外となります。)